事務所紹介・ご依頼のメリット

事務所紹介

はじめまして。渋谷広志税理士事務所・行政書士渋谷事務所・代表税理士・行政書士の渋谷広志です。このホームページをご覧いただいている皆さまは、「相続税」に関して何らかのお悩みや不安をお持ちのことと思います。相続後に備えて節税をしたいとお考えの方、また、すでに相続が発生している方も、二次相続まで 考えた相続方法を考えなくてはなりません。

平成28年12月に国税庁が公表した資料によりますと、平成27年に「相続税」の申告対象となった被相続人数は、全国平均10.3%で東京国税局管内(東京、神奈川、千葉、山梨)にいたっては、17.6%と皆様に身近な税金となりつつあります。当事務所は皆様の立場に寄り添い、お悩みやご不安を一緒に解決します。

当事務所の強み

相続税に強い

国税庁が公表した平成27年分の相続税申告件数は133,070件、一方で平成29年3月31日現在の税理士登録数は76,493人。年度が違うので正確な計算ではありませんが、税理士1人あたりの年間相続税申告件数は、

税理士1人あたりの年間相続税申告件数 1.7件=133,070件/76,493人

です。税理士といえども、相続税の申告に携われる機会は、年間に2件あるかないかなのです。さらに、税制は毎年変わります。年に2件あるかどうかの事務所では、税制改正のフォローに割ける時間も限られてしまいます。申告にあたり資料収集の不備による申告漏れ財産の発生、財産評価基本通達を十分に理解していないことによる過大評価や、小規模宅地の特例など相続人の選択に委ねられている項目について不利な選択をしているケースなども、少なからず目にします。私どもは10年以上相続税の申告と相談に携わり、多くのノウハウを蓄積してきました。

一方で所得税や法人税そして消費税にも強い

相続税の申告に、相続税以外の税金は関係ないと思われるかもしれません。しかし、税金は複雑にからみ合っています。不動産賃貸や会社を経営している場合などには、相続税だけでなく所得税や法人税、消費税についてもあわせて検討したほうが有利な場合もあります。私たちは相続税以外の税目にも強いため、相続税だけを専門に行っている税理士事務所にはない総合的なアドバイスができます。

例えば...
被相続人が会社を経営している場合は、その会社への貸付金が発生している場合があります。ときには、その貸付金の額が数千万円ということもあります。この貸付金は原則として、相続財産となります。当事務所では、その会社が赤字であれば、その赤字の範囲内で貸付金を放棄させ、相続財産を減少させる提案をします。赤字の範囲内であれば、法人税も発生しません。複数の税金に強いからこそできる提案です。他にも、ご依頼者の立場に立ったアドバイスを心がけています。

二次相続も考えた遺産分割の提案ができる

お父様の相続のあとに、続いてお母様の相続が発生することは少なくありません。遺産分割の方法によっては、お父様の相続で納税することにより、お母様の相続では納税しなくて済み、トータルの納税額は少なくできることもあります。当事務所の豊富なノウハウでお客さまが納得いく遺産分割をご提案します。

税務調査に強い

相続税の税務調査割合は約30%で、その90%近くが修正申告をしており、法人税や所得税の調査割合の6倍~30倍です。私たちは、法律や判例等を駆使して財産評価額を徹底的に下げる努力をしつつ、説明資料を必要に応じて添付することにより、税務調査割合を低くすることに努めています。

生前対策案も豊富

相続の一番の対策は何か?それは生前に対策することです。例えば、複数人の相続人がいる一方で相続財産が不動産しかない場合、その不動産は共有となる場合が多いです。いったん共有にすると、その不動産を売るときは、すべての名義人全員の承諾が必要になり、身動きが取れなくなります。その場合に有効な手段の一つに、生命保険金を活用した「代償分割」があります。ある相続人が不動産をそのまま相続する代わりに、被相続人の死亡により受け取った生命保険金を原資に、他の相続人にその不動産に見合う現金を渡すことでスムーズに分割することができます。また、この生命保険金は、基礎控除とは別に非課税枠も設けられているため、相続対策として有効です。

ネットワークが豊富

相続には税金のノウハウだけでなく、法律やその他のノウハウが必要な場合が少なくありません。私たちが各分野の専門家と直接連携をとることにより、お客さま自身が各分野の専門家を探すことのご負担を軽減しています。

略歴

昭和49年、新潟県生まれ。平成12年、税理士法人へ入社。以来現在に至るまで、多くの個人資産家から有力企業のオーナーまで、幅広く相続の相談を受けている。相続税のみならず法人税や所得税の節税対策の経験も豊富なことから、相続、贈与、譲渡、交換、事業承継、土地活用、M&A等に関して、相続発生前から税金対策の相談を受けるトータルタックスプランナー。平成16年、税理士登録。平成20年8月、独立開業。

資格

  • 税理士
  • 行政書士

主な著作

  • 「あなたの相続・贈与で節税できる本」(共著/あさ出版)
  • 「社長の相続・贈与で節税できる本」(共著/あさ出版)
  • 「イン・ザ・ブラック 継続的な黒字会社をつくる9つの原則」(共著/あさ出版)
  • セキスイハイム『世代を超えて住み継ぐ家づくり長期優良住宅がわかる!2014年版』(監修)

事務所案内

屋号 渋谷広志税理士事務所/行政書士渋谷事務所
代表 渋谷広志
・東京税理士会 江東西支部所属
・東京都行政書士会所属
所員 税理士  1名
税理士有資格者  1名
税理士科目合格者  1名
行政書士  1名
スタッフ(パートを含む)  3名      <平成29年1月1日現在>
所在地 〒135-0032
東京都江東区福住1-17-11 ML門前仲町5階
TEL 03-5621-45810120-088-752
FAX 03-5621-4582
営業時間 平日9:00~18:00(予約により時間外・土曜・日曜・祝日も対応可能)
E-Mail
アクセス 東西線 都営大江戸線 「門前仲町」駅より徒歩3分

地図

対応エリア

江東区・墨田区・江戸川区、その他東京都内全域を中心に一都三県

上記エリアにお住まいの方で、遠方に不動産等所有している方も対応可能ですのでお気軽にお問合せください。

初回無料相談受付中!

0120-088-752(受付時間:平日9:00~18:00)

土日・祝日・夜間対応OK(要予約)

メールでの相談申込

事務所オリジナル「相続ガイドブック無料進呈中」

最寄駅

  • 東西線 門前仲町駅3番出口 徒歩3分
  • 大江戸線 門前仲町駅3番出口 徒歩3分

大手町から5分の利便性です。相続に強い税理士事務所にご相談ください。