包括遺贈、特定遺贈とはなんですか?

A 包括遺贈とは、例えば「全財産を甲、乙、丙の3人で3分の1づつ遺贈する」などのように一定の配分割合で引き継ぐことで、特定遺贈のように特定の人に特定の財産を引き継ぐのとは異なります。また、借金も同様に一定の割合で引き継ぎます。

特定遺贈とは、たとえば、「A土地は甲に、B株式は乙に遺贈する」などのように、受遺者毎に引き継がせる財産を特定することです。この場合、財産を特定するので包括遺贈に比べて借金を引き継ぐリスクが少なくなります。