相続税還付サービス

相続税が還付される可能性も

その相続税払い過ぎかも...

相続財産の財産構成は、不動産が50%前後を占め、「納税したら現金が無くなくなってしまった」という話はよくあります。相続税を納付した後、残っている財産は、不動産や非上場の株式のみという資産家は多く、実際は多くの資産家はお金持ちではなく、土地持ちや株持ちにすぎないのです。

どうしたら相続税を還付できるか?

相続財産の50%前後を占めている土地や株式の評価を見直すことで、払いすぎた相続税を還付できる可能性があります。

例えば、
資産総額が3億円(土地2億、預金8,000万円、その他2,000万)で相続税の税率が20%場合

同一の土地や株式はありません。土地や株式はその一つひとつに固有の評価方法があります。土地や株式がもつ特殊要件をみつけることが、相続税の減額に導くことにつながります。

料金について

還付にかかる業務は、交通費等の実費を除き「成功報酬制」をとっています。

成功報酬制
還付額 報酬額
500万円以下の額 還付額の50%
500万円超の額 還付額の35%

還付ができなかった場合は成功報酬はいただきません。